LINK
FX(外国為替証拠金取引)についての魅力は、単独の金融商品あるが資金投下の期間を短・中・長のいずれをチョイスするのかで、資本の投下の方策がまるっきり異なってくる点にあるのです。第一に外貨に対して投入する「長期スタンス」に関して考えてみよう。長期というものは一年以上の出資を基本としています。一般的に為替のレートで一年も先々の相場が円高と予想するか、ないし円安だろうかを連想するのはほとんどの場合難問だと思います。実際のところ「そんなに後の情勢は予測できない」と考えるのが当然のことなのです。未知なものを頭を悩ませて考えようとしたところで、それは無謀なものです。そういったことから、外国の貨幣を買ったら、買ったタイミングの買いレートよりも円が高くなったとしてもその損失分はしばらく経てば円安に戻るはずだという気楽な感覚で取引に取り組むことが大事です。儲けを無理に追いかけることに限らず、他からの利益、言うなればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるということを、一番最初のターゲットということでやりましょう。当たり前ですが、為替変動の影響で損失がたくさん膨らんでしまうこともあります。そのため、そういった損が大きくなっても耐えられるように、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめに抑えることは大切です。外国為替証拠金取引は損が一定範囲以上増大すると追い証を出さなければならなくなったり、あるいは損切りになったりします。ロスカットがかかったら、そこでやり取りを決済することになり長期取引をできなくなります。このような危険を回避するにはレバレッジ2?3倍で取引するのが安心かと思います。2番目に中期の場合のトレードを考えてみましょう。中期のスタンスにおいては一番長くて1?2ヶ月程度後を想定しての売買であります。為替トレードのケースでは、1ヶ月後のことであれば、ほとんどの場合推測可能と思われます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のような公式の議会の話題、為替市場で取引している人たちがどのような内容に注目しているのかを見ればそこそこ、想定できると思います。この経済の状態をチェックしながらなおグラフを確認することで為替の状態を理解できるようになり取引を判断する方がいいと思います。基本的に、経済の基礎的条件とジャッジのどちらも光り、または買いが同様であればまず予想通りに動くと考えて間違いありません。そんな時は保有高を増やすことで一層大きな利益を受け取れるでしょう。3つ目に短期スタンスのポイントです。ここでいう短期のトレードというのは言わばデイトレーディングのことを言っています。為替でデイトレードを行う時は、ファンダメンタルズは少しも絡まないと思います。なぜかというと翌日の相場の動向にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は無関係だからです。この場合、コツは大きい行事がある時そのために為替レートが大幅に変動する機会を待ってトレードすることです。例として、米国で雇用の情勢が公布されるそれとも金融会議などにより制作金利が変動するほどのイベント。こんな一瞬の変動を逃さないといった理由で、短期スタンスでは多種の知識が必須になる。