LINK
民事再生という選択は住宅ローン等を含めて複数の債務に苦しんでいる方々を対象として、住んでいる家を手放さずに金銭面で立ち直っていくための法による借金整理の手順として平成12年11月にはじまった制度です。破産手続きとは違って免責不許可事由はないので散財などで債務が増えた場合でもこの方法は問題ありませんし、破産をすれば業務の停止になってしまうような立場で収入を得ている人でも手続きが検討できます。破産の場合だとマイホームを残しておくことはできませんしその他の債務処理では元金自体は返済していくことが必要ですので、マンション等のローンも払いながら払っていくのは実際のところ難しいと思われます。ただ、民事再生による処理を選択することができれば、住宅ローン等以外での負債についてはかなりの減ずることが可能ですので余裕をもって住宅ローン等を返しながらあとの債務を払い続けるようなことができるということになります。とはいえ、民事再生という手段は任意整理や特定調停といった処理とは違って一定の借金だけを切り取って処理を行うことはできませんし破産申請のように元金そのものが消滅するということではありません。さらには、これとは別の選択肢と比べていくらか期間もかかりますので、住宅のためのローンがあり住んでいる家を維持する必要があるような状況等を除き破産宣告などのそれ以外の選択肢がない時だけのあまり優先したくない手段と判断しておくのがいいでしょう。