LINK
クレカが不必要に思えるこういった時にはクレジットカードの無効化(むこうか)です。解説はする必要がないというのは百も承知ですがカードの無効化とは皆様が所有しているクレジットカードをもうショッピングなどに赴いても買うことの出来ない形にしてしまうことです。この説明では無用なカードの機能停止の手順から使用の中止の注意事項などをすみずみまで整理してみた。この一節をご覧になってもらえたならば退会に関する悩みをきれいに取り去って頂けることだろう。手短に説明するならば、不要になったカードを契約解除する手段はすごく手間がかかりません。「カード会社にひとたび手続きをしたらしたくても機能停止することは難しいんじゃないだろうか・・・」という思い込みや「カード会社の無効化のやり取りが億劫だという気がする?」などと誤解してしまう利用者も多く存在するなどという噂だ耳にするが、クレジットカードの裏側に表記されたコールセンターに問い合わせをし、カード使用不可能化の意志を確認することさえすれば機能停止ができるのです(およそ3分くらいのやり取りで出来てしまいます)。カードを登録する準備の時は複雑だったというのに契約解除の申請はこれだけ?と呆気にとられて何も考えられなくなってしまうに違いありません。絶対に退会の手順は簡単に出来るものでしょうか?当然です。クレジットカード会社の退会の手順は珍しい条件を除き使用中止用の専用の用紙もいらない上にしつこく退会取りやめを迫られるという面倒ごともあるとは思えません。嘘偽り無しにたった「保持しているカードを契約解除するにはどうすればよいでしょうか」と相手の受付に直接言うことが出来れば完了するのです。実は、当の私自身もかつて25枚を越えるクレジットを使用中止するために連絡を取り続けてきたものの使用中止に際してわからなかったような場合は体験していないわけなのでその悩みについては不安に思わないで結構です。友人を通じて教えてもらった話によると退会を希望連絡したところやめる理由がどういうものであるのか聞かれるという例外的なやり取りがあったらしいのですがあくまでも参考意見の調査のような軽い聞き方だったという話なので留意される手間もないだろうということです。たとえ事情を言わなければいけなくなったとしても気を遣わずに『使わなくなったと思うから』だとか『他のクレジットカードのお知らせを読んだらその方が活用できそうなので』と言う具合にしゃべれば問題ないのです