ローンキャッシングした場合、返済をする時には金利を乗せた返済になるのは誰もが知っていると思います。80-7-21

カード会社は収益を目的とした会社なのですから当然です。80-6-21

そうはいっても支払う方は、わすかでも少なく払いたいと思うのが本音でしょう。80-14-21

利息制限法が設けられる一昔前は、30%近い利子を払っていましたが、定められてからは高額でも年間18%位ととっても低く設定されていますので、随分お得になった気がします。80-12-21

この頃のキャッシングの利子の枠は4%位から18%位の幅が設けられていて、利用上限額により設けられます。80-2-21

利用上限額は申請者の査定によって左右されます。80-5-21

総量制限により年の収入の1/3までと定められていますので、年収がどの程度なのか?どういった職についているのか?クレジットの利用履歴はどうなのか?調査され貸付可能金額としてキャッシングの内容が決まります。80-9-21

カードを使ったローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各社で金額は変わります)と広い範囲があります。80-16-21

こうしてその範囲の中で定めた利用できる額により利息も決まるのです。80-19-21

50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら年間4%といった具合になるでしょう。80-20-21

いわば、査定が良ければ、貸付可能金額も高くなり、利息も下がるというわけです。

この事実に違和感を覚えるのは私しだけでしょうか?カード業者にとって、これらは当然なのかもしれませんが、収入の多い人がローンサービスが必要とは思えませんし、万一お金を借りた時でも利息が多かろうが少なかろうが支払いに追われる事はないでしょう。

むしろ収入の低い人は咄嗟にお金がほしいから借りる方がほとんどです。

利子が悪いと返済に苦しむはずです。

ですから可能枠の小さい人こそ低利率で使用できるようにすべきです。

これらは利用する視点からの意見となります。

この事を踏まえて、利率を安くする為にはどうするべきか何となく気付いたでしょう。

実際にこれから書く方法で、申請する人がたくさんいるので説明しますと、クレジットカードの手続きをする時、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みを行うのです。

年収450万円なら150万円。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円で申込みのカード審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分金利が安いキャッシングできるカードを手に入れることができるはずです。

だからと言って上限ギリギリまでキャッシングしなければいけないわけではありません。

15万円でも50万円でも必要な額だけ利用ができます。

また利用限度額が300万円で最低利息年率7%位のローン会社もあるのです。

その金融会社に申請すればその業者の最低金利で返済できます。

どう感じましたか?考え方を変えるだけで低利子のカードローンを手に入れることが出来るようになります。

自分の年の収入と金融会社の設定を比較し、調べる事に時間を掛ければ、より有利な状態で借りれるので、面倒だと思わず確認するようにしましょう。